【周波数FM78.5MHz】滋賀県草津市にあるコミュニティFM局「ロケッツ785」は、株式会社えふえむ草津が運営しています

お問い合わせ

スタッフのこつこつブログ

モーニングロケッツ月曜日(10月9日放送)安井裕子 【 2017年10月9日】

ヒロさんのイチオシのコーナーでは、

ボディコンサルティングで整体師の川口さんをゲストにお迎えしました。

川口さんは、京都市役所の近くで慢性肩こり専門の整体サロンRをされていて

上半身のつらい症状、頭痛、顎関節症、ストレートネックなどの治療をされいます。

自覚症状はなくても、首の骨がまっすぐになるストレートネックの方が多いそうです。

首の骨は、軽く添っているいるのが普通ですが、骨がまっすぐになり頭の重さが首に吸収できなく

肩や背中にかかり、ばねの役目がなくなっていて、骨のトンネルが狭くなり痺れが起きたりする

そうで、早めに治療した方がいいそうです。

顎関節症は、あごの関節が開け閉めすると音が鳴ったり、口が開けられなくなると

食事がとりにくくなるそうです。

全身をくるんでくれている筋膜の動きが悪くなっていると痛みがでたり、痺れがでたりするそうで

川口さんの治療は、筋膜と頭蓋骨をみられるそうで

力をいれて筋肉を抑え込むのではなく、ソフトにしないと整わないので

施術は、痛くないそうです。

強い刺激を与えるとその時は、気持ちいいけれど、押さえすぎるのはかえって悪化するそうです。

川口さんは、原因を探してから、何が必要かわかってから施術されるそうです。

ほとんどの場合は、姿勢の悪さが原因の場合が多いそうです。

余計な負担が体にかかっていて、要らない脂肪がつくのも姿勢の悪さだそうです。

下腹が出るのも内臓が下がっていて、出る場合が多いそうで横隔膜を上にあげて

元の位置に戻すと下腹がへっこむそうです。

体の土台は、骨盤と肩甲骨だそうです。

自分が姿勢を正していると思ってもなかなか元の位置にもどらないそうです。

川口さんのところでは、正しい位置にもってくるサポートもされています。

自分では、なかなかわからない姿勢の悪さですが、家族の方などに

横から、後ろから写真を撮ってもらって体のフォームをチェックできるそうです。

悪化してからの治療は、時間がかかるそうで、

自覚症状がなくても軽度のうちに治療を始めると早く治るそうです。

川口さんは、毎回施術前と施術後の写真を撮り、患者の方に見せられていて

治療の必要性がよくわかるそうです。

詳しくは、こちら から