【周波数FM78.5MHz】滋賀県草津市にあるコミュニティFM局「ロケッツ785」は、株式会社えふえむ草津が運営しています

お問い合わせ

スタッフのこつこつブログ

モーニングロケッツ金曜日(10月6日放送)矢半田裕美子&高尾ゆかり 【 2017年10月6日】

マイウォッチくさつのゲストに地歌舞 古澤流の古澤侑毘先生をお迎えしました。

地歌舞は、日本舞踊のジャンルの1つで

踊りは、振りが大きく舞台向きだけれども、

舞は、能の影響を受けていて、お座敷で舞妓さんや芸妓さんが踊られているような感じのもので

大道具など使わず、扇子一本で舞うそうです。

動きを殺して、気持ちを舞にいれていくそうで、年配の方が舞われると

味が出ると思うとおっしゃっていました。

地唄と地歌の違いは、地唄は、長唄など歌う方と演奏する方が違うそうで

地歌は、演奏する方と歌う方が一緒だそうです。

地歌舞をするために基本的な動作が入っていて、姿勢を整える

舞体操などもされているそうです。

地歌舞の発表会があります。

10月22日(日)午後1時半開演で

大津市伝統芸能会館にて

「地歌舞 古澤流 侑毘会 舞の会」を開催されます。

入場料無料ですが、整理券が必要だそうです。

090-3261-9334 または 077-573-2464 までお問い合わせください。

10時台最初のゲストは、シャンソンが大好きで自身も歌われいる枝川さんをお迎えしました。

枝川さんは、お父さんの影響でシャンソンを聴かれていて、

5~6年前に健康維持と楽しみのためご自身も歌われるようになったそうです。

ドレスアップしてなりきって歌われているそうですよ。

シャンソン歌手のかとうえい子さんの30周年のコンサートが名古屋であるそうですが、すでに完売で

11月29日(水)西宮プレラホールにてかとうえい子さん他20名の方によるコンサートがあるそうです。

シャンソンがお好きな方是非、お越しくださいとのことです。

南草津フェリエで第3木曜日午後1時~坂下フミノさんの生演奏による

歌の会に枝川さんも参加されています。歌の好きな方、遊びに来てくださいとのことです。

10時台2組目のゲストは、立木神社の宮司中嶋さんをお迎えしました。

今回は、近づいてきた七五三についてお話しいただきました。

七五三は、平安時代にはじまり、江戸時代に一般庶民へ広まった行事で

昔は成人までに亡くなられる方が多かったので

神様に感謝の気持ちとこれからの成長をお祈りする儀式だそうです。

正式には、数え年ですが、成長に合わせて満年齢でも構わないそうです。

神様にお参りするので、普段より改まった服装でお越しください。

立木神社さんでは、ご家族一同で七五三のお参りに来られる方に

和洋中のお食事ができるところをご紹介もされています。

それぞれのお食事処では、立木神社の神様のお仕えしている鹿や

御神木の柿にちなんだお料理があるそうですよ。

詳しくは、お問い合わせください。

今年1250年目になるそうで、地元の方に協力してもらい

石垣を修繕されたり、大掛かりな工事をされています。

来年3月11日には、完成を祝い、奉祝祭をされるそうです。

餅まき、和太鼓の演奏、獅子舞や舞姫の舞の奉納など計画されているそうです。

立木神社のHPは、こちら から